ジムフレックス
ジムフレックスヒストリー画像
brand history

GrahamSchoolwear社という名でスポーツウエア・メーカーとしてスタートしたのは1906年。GYMPHLEXというブランドとしては、1936年にイギリスの中部に位置するレスター市で国軍に体育用のショートパンツを提供することから始まる。1900年代半ばは、国民兵役が義務であり、政府は運動を積極的に推奨していたため、学校では体育が最重要科目でした。その当時から学校への体育着を販売し始め、GYMPHLEXは体育の場には欠かせないブランドとなった。1960年代に入り、学校はもちろん、スポーツショップや百貨店にまで販路を広げ、スポーツウエア・ブランドとして確固たる地位を築いた。2010年クリエイティブ・ディレクターにディーン・ウェブスター氏が就任。2010秋冬よりインターナショナル・コレクション「ONE NINE ZERO SIX(1906)」を発表。

ジムフレックス100余年の歩み                                             
1858年 James Greenlees氏により、Greenlees &Sons FootwearLtd が設立される。
後に英国内に300店舗を持つ靴屋となった。
1869年 James & Samuel Greenlees兄弟によりOld Parr Whisky蒸留製造所(オールド・パー)が設立される。日本に初めて紹介されたといわれるウイスキー「オールド・パー」の生みの親。
1906年

James Gardner Graham氏によりスクールウエア、スクールスポーツウエアの製造販売をする。 Grahames School-wear社の設立。後にGYMPHLEXというブランドが誕生するまで、同社のウエアはGrahamGardnerネームで販売されていた。

1930年

英国テニスチームのキャプテンであった

Bobby Meredith(ボビー・メレディス)がGYMPHLEXを着用。

1936年 製造業と小売業を別会社とすることを命じられたため、GYMPHLEXブランドが誕生した。
1939年〜 戦争のため、スクールウエアの生産が廃止され、GYMPHLEXは斜光カーテン、
陸軍省の訓練用ショートパンツ、 ATSスラックスの生産を請け負う。(〜1941年)
1940年 クリケットの選手、Dennis Compton(デニス・コンプトン)がイングランド代表として
プレーしたときにGYMPHLEX製品を着用。
1947年 英国代表スイミングチームがモンテ・カルトチャンピオンシップ大会でGYMPHLEXの水着を着用。
1948年 オール・イングランド・ネットボール協会がユニフォームとしてGYM-PHLEXを選んだ。
1949年 RYDER CUP(ゴルフの大会)でアメリカ・英国両チームにユニフォームを提供。
また、FA CUP(サッカー)のファイナリストとなった両チームにユニフォームを提供。
1950年 アーセナルFC(サッカー)が決勝戦のユニフォームとしてGYMPHLEXを着用。
1959年 子供服ブランド 「LADYBIRD」の生産を請け負う。
1960年代 学校、スポーツショップ、百貨店への販売に力を入れ始め、販路の拡大を始める。
1963年 George Greenless氏が社長に就任する
1973年 HORNCASTLEに自社工場を開設
1980年 チャールズ皇太子が自身のポロチーム用のユニフォームとしてGY-MPHLEXを選ぶ。
1990年 (株)ボーイズにより、日本でGYMPHLEX製品の販売が開始される。
2001年 BURBERRYとBARBOURの生産を開始する。
2002年 Margalet Howellの生産を開始する
2003年 James Greenless氏を社長に就任
2006年 GYMPHLEX社創業100周年を迎える
2011年 GYMPHLEXによる初のメンズ・コレクション「1906(One Nine Zero Six)を立ち上げる。GYMPHLEXがこれまで作り続けてきたスポーツウエアから着想した、すべて英国製のコレクション。
日本国内総代理店 / (株)ボーイズ